さくらちゃんが好きでした

今でも「あ」と、好きになった瞬間を覚えています。

周りで盛り上がっていたので、興味本位で何となく見始めた「カードキャプターさくら」。CLAMPさんの話は、難しくて入りにくいイメージがあったので、今まで何となく避けていました。

でも、この作品は「なかよし」連載だけあって、かわいらしく、誰でもスッと入っていける内容でした。

即日融資 来店不要

番組はOPからスタードします。きれいな音から始まる曲。それに合わせて、さくらちゃんの足が片方降りてきて、足の先でツンとタッチすると、輪が広がる・・・その瞬間、ゾクっとする位にワクワクして、好きが溢れました。素晴らしい音と絵のマッチ。

そして、一番定番と思われる、初代OPでのさくらちゃんのピンクの服。こんなに似合っていて、華やかで、可愛らしいものはないと思いました。

そうして見始めた物語。当時は原作を知らなかったので、アニメオリジナルな展開、キャラにも惑わされることはありませんでした。むしろ、苺鈴ちゃんのようなキャラはなくてはならない存在で、涙誘われました。

でも、何と言っても、さくらちゃんと小狼の関係が好きでした。初めはライバル、いつの間にか片思い、そこからの両想い。見ていて恥ずかしくなるくらいにピュアで、気持ちが洗われたのです。

小狼のかっこよさと、可愛らしさの二面性もくすぐられ、夢中になりました。

その後、原作までしっかり揃えるファンになったことは、いうまでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です