トランプさん就任についての個人的な意見

世間ではトランプ新大統領就任にかなり嫌悪感を抱いているようですね。私個人としてはあの方が当選されるのは歓迎でした。革新を期待しつつも他国の事ですからつぶれても問題ないと思うからです。
一方、日本に期待したことはトランプという難敵が現れたことでアメリカと対等にビジネスパートナーになるための策を考えざるを得ないと重い腰を上げてくれるのではという事。
実際は、今まで以上に表立って大国にへりくだってしまい、アメリカ政権にこれは日本も翻弄されるんだと本当に落胆しました。
歴史に名を遺すほどの動きはほとんどアメリカから打診された政策をはいはいと日本人が実現させてあげたものばかり。
日本の政治家が主体になった国家のプランてないんですかね。

就任前から朝貢朝貢の嵐。
自分から軍の経費負担させてくださいって言いに行ってるようなもの
腰を低くした相手とパートナーになりたいと考えるのは島国独自の考えなのだから。郷に入っては郷に従えなんて言葉があるんだからアメリカ式に強気に出たらと考えるのは私だけでしょうか。相手に自分の意見を通すためには時間とそれまでの積み重ねが基本です。
今まで助けてもらったのに急に自国の意見を通してなんて言葉が通じるわけがない。
最近の政治家の言動には矛盾が多すぎる。プロミス審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です