簡単にできる水道代節約について

私は、水道代を節約するために、2Lのペットボトルに水をいれたものを2つ、お風呂の浴槽に入れています。

そうすることにより、単純に一度の使用で約4Lの節約にもなり、さらに4Lのお湯をわかすためのガス代の節約にもなるのでとても合理的な節約方法だと思います。

さらにトイレでは1Lの容器のペットボトルに水を入れて、トイレのタンク内にいれております。

この方法のメリットとしては、普段からなにか意識して節約を行う手間がない事、また、ペットボトルといういつでも手に入るものを使っているので、誰にでも気軽に実践していただけます。

さらに入れるペットボトルの本数を変える事により節水量を簡単に調整する事ができます。

デメリットとしては、浴槽に2Lのペットボトルが二つも入っているため、浴槽の大きさによっては、非常にうっとおしく感じてしまう事です。

私は運がいいのか一度もなった事はないのですが、トイレのタンクの形や大きさ、中の装置の方式によっては、ペットボトルが中でひっかかってしまい、水が流れっぱなしになってしまう故障などの要因となってしまう恐れがあるため、トイレのタンクの中にペットボトルを入れる際には、十分注意していただきたいと思います。

即日キャッシング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です