金欠時は工夫次第でなんとかなります

金欠時には食事、消耗品を真っ先に見直してみます。

食事面での節約は「コストは下げても栄養下げるな」をモットーに行います。

節約が出来ても、それによって栄養不足になるのは本末転倒。

ですから節約時は、単価が安くて栄養のある食材選びをします。私がよく購入しているのは、おから、もやし、水菜、大豆煮豆、鳥挽肉、鳥ササミなどです。

一見味気がなさそうな食材ですが工夫次第でボリュームのある料理がつくれます。

鳥ササミをソテーすると歯ごたえや満足度がありますし、おからで卯の花を作ると少量でも満腹感がありますし、栄養満点です。

もやしは焼きそばやラーメンの具材にもなるし、単体では芥子和えなどにしても美味しいです。鳥挽肉で作るハンバーグも、豚や牛挽肉に比べて脂分少なめではありますが、噛み応えや甘味があり家族は喜んでいます。

シャンプーや洗顔フォームが金欠時に切れてしまった時には、お風呂場にある固形石鹸で全身を洗います。

髪の毛は軋みますが、石鹸シャンプー後にクエン酸リンス(私は酢を薄めて使用)をすれば軋みぐ和らぎます。

最近はたくさんの便利アイテムがありますが、金欠を通じて「物が少ない中でいかに楽しんで生活するか」ということを学びました。銀行カードローン 審査基準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です